首頁 代訂酒店 租車服務 MICE 遊記&行程 各類門票 聯絡我們
山頂環迴步徑,經克頓道往松林砲台及下山

ビクトリアピークのサークルトレール:ハットンロード経由でパインウッド砲台と山下りへしましょう。

Peak Circle Walk, go to Pinewood Battery and go down the hill by Hatton Road.


上回Max游覽了山頂環迴步徑,很順利的繞了山頂一圈。接上回的路程,我們以夏力道入

口作爲起點,沿著路徑的中點前進,回到涼亭處。

前回僕はピックのサークルトレールの一つ完成しましたが、今回はその前のコースの続き、ハーレーロードからスタートとして中途の休憩亭に戻って始まりましょう。

Last time Max visit the Peak Circle Walk and take a circle around the Peak. This time we start from Harlech Road and go to the middle part.


⬆依照指示牌,Max選擇經克頓道往松林砲台方向前行。

指示看板通り僕はハットンロードからパインウッド砲台の道を選んで参ります。

According to the sign, Max choose Hatton Road to go to the direction of Pinewood Battery.


⬆因此路為下山路,固全程大多數都為斜坡路,步行時需多加注意。

下り道なので道路はほぼ斜度があります。歩行する時皆さんも気を付けて下さい。

This section all is slopes, walk careful is very important important.


⬆途中能見到指示牌指示清晰:往松林砲台、往旭龢道、往蒲飛路

指示看板にはっきり見えるように:パインウッド砲台へ行先、コテウオールロードへ行先、ポクフィールドロードへ行先です。

The sign is clear.


⬆既然已在松林砲台附近,不妨前往遺跡一探究竟。

せっかく砲台に近付きましたので、この遺跡を観てみましょう。

Now that we are near the Pinewood Battery, let's go to explore it.


⬆入口處有一顯眼的參觀守則,大家一定要好好遵守,文明參觀。

入口にご案内看板が参観ルールを表示していますので、皆さんをちゃんど守って下さんね。

There has Visiting Rules in the entrance, everyone please obey the rules.




⬆首先見到的是戰鬥掩蔽體,看到此建築,很容易給人一種代入感,仿佛你就是當時駐守

的士兵將士。建築外并無禁止進入的標識,考慮到安全問題,本次並無進入參觀。

私が最初に目にしたのは戦闘用カバーの建物です。まるであなたがその場にいたかのような当時の軍人になってきました。中には立入禁止ではないですが、しかし今回中身に入って見ることがしませんでした。

In the first , you can see the war shelters . Standing here, the environment will make you feel like a soldier at the time.




⬆彈藥庫外有鐵欄圍住,我們只能在外面參觀。

弾薬庫の外に鉄の柵があり、私たちは外にしかみられませんでした。

Battery command post and magazine are close and only allow outside look.




⬆同樣考慮到安全問題,所以並沒有登上觀測所參觀。

安全の為、階段の上に上がって見ませんでした。

Observation post. Safe consideration , not visit of it.




⬆砲床建築只有兩三級臺階,并且無屋頂,所以可以比較放心的上去參觀。

砲台のベースまでの階段は少しだけ、しかも天井がないので、安心で上まで参観できます。

Gun platform. There is no roof so inspect of it is no problem.


⬆遺跡附近有一個大平地,附近皆是樹木叢林,有椅子桌子可供小憩。圖中有兩名游客在

此地曬太陽,冬日的午後,甚是享受。Max小憩一會兒,繼續上路。

遺跡のすぐそばに休憩地があり、周りには緑の植物が一杯立ったり、椅子とテーブルがあったりしました。写真の中お客さん二人は冬の午後温かい陽光を楽しんでいました。僕は少しだけ休憩して旅を続きました。

There is a large flat place near Pinewood Battery. There has some chairs and tables for client to have a rest. Through the picture, two tourists bask in the sun, sure they enjoy the winter afternoon.



⬆下山途中亦經過龍虎山郊野公園,由於時間有限,沒有選擇進入,希望下次有機會能來

探一探。

下山の途中龍虎山(LUNG FU SHAN COUNTRY PARK)公園の入り口も通ったですが、今度また時間があったら行って見たいです。

On the way down of the hill, I also passed the Lung Fu Shan Country Park. Due to the time limited, I did not chose to enter of it. I will try to find one more time to explore of it.


⬆維港景色

ビクトリア港の景色。

Victoria Harbour View.


⬆克頓道維多利亞界碑:維多利亞城由英國人於1841年佔領香港島後成立。1903年,港英

政府決定在城市界線上設立界碑,使大眾更清楚維多利亞城的範圍。界碑為一四方柱體,

頂部呈錐形,高98厘米,並刻有「CITY BOUNDARY 1903」。

ハットンロードに立っているビクトリア境界記念碑:ビクトリアシティは、1841年に香港島が占領された後にイギリス人によって設立されました。1903年、当時のイギリス政府は都市の境界にマーカーを設定することを決定、ビクトリアシティの範囲を一般の人にもっと知ってもらいように設立され、境界石は上部は先細の四角い柱の形で、高さ98cmで「CITY BOUNDARY 1903」と刻まれています。

Hatton Road City Boundary stone - CLICK


⬆當我們到達克頓道休憩處時,代表我們就快到達目的地啦!此處有公共洗手間,可以稍

作整頓再下山。

もしハットンロード休憩亭に着いたとしたら、終点も近づきになることです。ここは公衆トイレがあって、ちょっと整理してからまた終点へ行きましょう。

When we reach Hatton Road Sitting-out Area , it means we are arrive the destination.


⬆繼續前進

前向き進みましょう。

Keep going.


⬆到達山脚,路邊便有公共巴士前往中環站。

山麓に着いたら、道の傍にすぐ中環行きのバス停があります。

Go down the hill smoothly. There is a bus station in the road side.

由盧吉道與夏力道交界出發,加上途中探索了松林砲台后再下山,總共用時1個小時左右。

若結伴而行,加上拍照、休息,預計1.5個小時較爲好。途中并無補給站,出發前記得備好

食物與水。

ルガードロードとハーレーロードの交差点から出発、途中パインウッド砲台の経由で約1時間ぐらいかかりました。もしパートナーと一緒に行って写真を撮ったり、休憩したりしたら、予想1.5時間ぐらいした方がよいと思います。途中に補給のお店がないので、出発の前にお水と軽食を用意するのはお勧めします。

The itinerary takes about 1 hour , it is better to prepare 1.5 hours. There is no supply station on the way, remember to prepare food and water before departure.


                                                                                                   CCT - Max 04/12/2019

***歡迎隨時聯絡我們,設計屬於您的行程

香  港  TEL    :     (852)  2721 1368                                     FAX : (852)  2739 8482
 e-mail : 
info@travel-cct.com   
東  京  TEL    :     (81) 03 - 6206 9288                                    FAX :  (81)    03 - 6206 9281
 e-mail :    
tyo@cctjapan.com
福  岡  TEL    :     (81) 092 - 751 6915                                       FAX : (81) 092 - 751 6920
 e-mail :    
fuk@cctjapan.com