ホームページへ ホテル予約 レンタルバス MICE 旅行メモ 各種チケット お問い合わせ 繁體中文
ENGLISH

南生圍觀候鳥 & 屯門 T-PARK

南生圍 (ナムサンワイ)は香港の元朗に所在し、 錦田河 と 山貝河 が囲まれて います。河と河の間にの交差点に小島があり、潮が引くと、特に冬の時 に 小島の浜にいつも大量な渡り鳥が止まっているよう です。香港の冬には結構温かいので、渡り鳥にとっていい場所を過ごします 。 ダイサギ、コサギ、クロツラヘラサギ等鳥類にめぐり逢いそうです。鳥類以外、南生圍 に多種類の植物と生物もいることです。 植物と言えば 赤いユーカリ、アシ。生物と言えばホシハジロ、アカハジロ、シオマネキ。



今日の天気とてもよくてアウトドア活動すればかなり気持ちがよかった。今回やっと伝説の 南生圍 に尋ねしにいけますが、何故伝説の 南生圍 と いうと今まで火事が数回があって、 南生圍 の美しい環境も破壊されたと 報道された ので、今日一応チェックして見ましょう。 九龍塘 地下鉄駅からバスを乗って約一時間ぐらい到着しました。もし山があったり、河もあったりして見えれば、それ もう 南生圍 に着きで分かりました。


道に進むとすぐ マングローブを見えました。一種の水生植物として、マングローブ林は生態系を保護し、川岸を保護し、渡り鳥の休息場所を提供します。


降りてから南生圍 ロードに沿って歩行しに行こう。


もし自分の双眼鏡が持てれば、渡り鳥の姿をもっと綺麗に見 える よ。


渡り鳥。


渡り鳥とマングローブ。


目の前に緑豊かなマングローブ林です。


南生圍ロードの側に大きいな芝生があり、休みの日 にここはよく日光浴場になるよ。芝生に通って行けば ユーカリの木の所に繋がっている通路が見えます。


ほら見て、鸚鵡達もここに迎いに待ってくれている よ。


ユーカリの林へ参ります。


森の中に探険しているようです。ここにキャンペーンする人もいる。


ユーカリの林の傍に幅広いのアシが生えている。


ウェディングドレスブリッジ: このブリッジは皆さんよく写真を撮ったり、 F B にタグされたりする人気のスポットです。ドラマと映画もよくロケ地 になる場所です。


ウェディングドレスブリッジ。


ここに近くマングローブを観賞することができる。 主要構成樹種の ヒルギ科 の植物は、いずれもつやのある 楕円形 の葉を持つ。 葉は分厚く、厚いクチクラ層に覆われ る 。 呼吸根をもち、その形は種によってさまざまである。 メヒルギはわずかに板根状にな る 。 また、これらの植物は、 果実が枝につい ている状態で、 根 が伸び始め、ある程度の大きさに達すると、その根の先端に新芽がついた状態で、果実から抜け落ちる。このように、親植物の上で子植物が育つので、このような種子 を 胎生種子 と呼ぶ。親を離れた種子は、海流に乗って分散( 海流散布 )し、泥 の表面に落ちつくと成長を始めるが、親植物から離れた後、下の泥に突き刺さり、その場所で成長することもある。


この道に沿って次のポイントまで進みます。


ここはまた南生圍 に別 の 人気スポット、 ここ もよくドラマのロケ取材地 になります 。


道の終わりには南生圍 の渡りの小舟があり、 山貝村至南生圍 の間に渡りを営業します。これも現在香港で唯一の手動操作ルートです。

バスから降りて小舟の渡りまで約 1 時間かかりました。帰り道の歩調が少し速く、往復の時間約1 時間 45 分がかかります。



午後の目的地は屯門(TUEN MUN)の T-PARKというエコー公園です。途中元朗の流浮山に経由でお昼御飯の選択が沢山ありますので、その為流浮山にランチことにしました。ランチ後その辺の市場に買い物することもできたり、流浮山の海岸の風景を見たりすることもできます。

流浮山の市場 にとって色々な海鮮と海鮮の副製品を販売しています。


漁師を採った牡蠣をここで乾かし、牡蠣の干し物を作ります。


海の反対側は深圳です。


漁師は丁度作業の為出港しました。

乗り継ぎポイントとして流浮山は確かに良い選択です。






T-PARK

T・Parkの位置は香港のTuen Munにあり、香港で最初の自給自足の汚泥処理施設で、環境保護局によって管理されています。汚泥を含む焼却炉、発電システム、海水淡水化プラント、教育および自然生態の施設です。生態を改善共に教育意義がありの施設です。


自家用車と大型バスにとってT-PARKエリアに入るために予約をする必要があります。T-PARKと屯門 の V city までのシャトルバスサビースも提供しています。所要時間は片道で 30 分かかります。予約制なので、先に予約した方がお勧めです。


T-PARK 眺望台


T-PARKの機器はガラスの壁からしか見ることができませんが、T-PARKの仕組みを知りたい場合は、ガイド付きツアーを予約できます。 T-PARKにはプロのツアーガイドがおり、館内のモデルとビデオについてT-PARKの訪問者に紹介することができます。詳細についてここにクリックしてください此

今回の旅はここまで終わりですが、大自然ともっと近づきになったり、生態の知識を勉強したりしましたので、収穫がかなり豊富でした。今度チャンスがあればまた香港の面白さをシェアしたいと思います。

CCT-Max   25/12/2019

 

香  港  TEL    :     (852)  2721 1368                                     FAX : (852)  2739 8482
 e-mail : 
info@travel-cct.com   
東  京  TEL    :     (81) 03 - 6206 9288                                    FAX :  (81)    03 - 6206 9281
 e-mail :    
tyo@cctjapan.com
福  岡  TEL    :     (81) 092 - 751 6915                                       FAX : (81) 092 - 751 6920
 e-mail :    
fuk@cctjapan.com